ミュージカル鑑賞☆in銀座

皆様、季節の変わり目で

天気・気候の移り変わりが激しい今日この頃ですが

いかがお過ごしでしょうか?

 

周りには風邪引きが多くて、ついには私も・・・恐らく気のせいですが(汗)

 

さて、今回は先週12日(金)に久しぶりにミュージカルに行ってきた模様をお伝えいたします♪

 

写真禁止なので、パンフレット撮り(笑)

ミュージカルの演目は、「タップ・ジゴロ」

2010年春の公演が好評で、今回再演となった人気演目です。

 

主演は、プロのタップダンサーであの北野武監督の映画【座頭市】のタップダンスシーンの振り付けも行ったという HIDEBOHさんというから期待が湧きます♪

 

演目が始まると、圧巻のタップダンスにはみとれるばかりで、あまりにも簡単に華麗にタップを踏んでしまうので、一瞬「俺にも出来そう」と思うのですが、それは全くの勘違いで(笑)

 

「すごいプレーをそつなくこなせるのが本当のプロ」という言葉の意味を実感しました。。

 

物語は、第2部に分かれておりまして、こちらも見ごたえのある内容。

戦後の復興する日本の勢いとその変化の早さに、成功をおさめる者、過去の栄光にすがって落ちぶれていく者が

明暗はっきりしていたのが印象的でした。

 

ちなみに、、ヒロインが青森出身の”訛り”がひどいが歌がとびぬけて上手な可愛い女の子

という設定で、田舎呼ばわりされて相手にされないという演出には、青森県出身の私は少々複雑な感情も入りまじり・・・・(^^;)

ただ、このヒロインは歌が大好きでジャズを耳コピで100曲も覚えてしまうというエピソードがあって、純粋で真っ直ぐな性格に

「やっぱり青森県民に悪いやつはいないな」と一人満悦していたりしました(笑)

 

他には、芋洗い坂係長のタップダンスでの”笑い”の場面もあって非常に面白かったのですが、

 

圧巻だったのは10数名でのタップダンスです☆

ピタリとそろったダンスは、見ていて鳥肌が立ちました!!

 

ぜひ、次回再演があれば皆様もぜひ見に行ってはいかがでしょうか~??

 

↓博品館劇場さんが千秋楽の様子をブログでUPしていました。

http://ameblo.jp/ginza-hakuhinkan/entry-11380577919.html

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です